• 新潟店店舗案内
  • 長岡店店舗案内
  • 三条工場店店舗案内
  • 川口人形工房店店舗案内

お人形豆知識

豆知識

持っていますか?家の伝統文化を

雛祭り命がつながった喜びを表し、その継承した命である子供の無病息災の無事を願う儀式(祭り)として、厄と呼ばれるもろもろの悪いものをお払いする、 日本人の最も心優しい伝統文化の行事、それが「上巳の節句(ひな祭り)」です。
この「ひな祭り」は、桃の節句ともいい、季節の変わり目=節目に行われてきた五節句のひとつで、平安朝の昔からずっと受け継がれている行事です。
かわいい女の子が健やかに育つように願いを込めて厄払いをし一族でお祝いをする記念の行事であり、春の訪れを喜ぶ行事でもあります。

雛人形のルーツ

厄の日祓い
ひな祭りの起こりは、子宝の信仰や神事、行事が重なり合ったものとされています。 なかでも、古代中国の故事に由来したとされる「巳の私の祓い」は、ひな祭りのルーツといえます。
中国陰陽道(易学)では、陽(奇数)の数の重なる日を禊、祓いの日とし、この日、人々は水辺に出て手足を洗い、厄を落としたそうです(禊) 我が国にその信仰が伝えられ、撫物で体を清めるという信仰と結びつきました。
旧暦3月3日は大干潮の日に当たります。遠く引く潮に厄を持っていってもらうという思いから、「厄の日の祓い」という年中行事になりました。

天児・這子は雛祭りのルーツ

天児・這子前述の撫物は、紙で人の形に作ったもので人形とか形代とか呼ばれています。後に撫物の変形として「天児」「這子」が登場しました。 いずれも小児誕生時に作られ、幼児を襲うけがれや災いを負わせるための形代、つまり身代わりでした。 男女の別はなく天児は主として宮中で、這子は民間で使われていました。
「天児」は一尺(約30センチ)ほどの竹を一本横にして両手とし、2本束ねたものを胴にしてT字型の骨組みをつくり、これを白絹で作った丸い顔を乗せて、目、鼻、口、髪を描いて衣装を着せたものです。 皇室では今でもこの天児を飾るしきたりが続けられているといわれています。
「這子」は、這う子の形を形どった物で、絹二枚の四隅を縫って合わせて綿を入れ、腹を絞って胴にし、四隅を手足として、頭をつけて衣装を着せたものです。
どちらも幼児の枕元など身近なところに置かれ、災害や魔除けあるいは身代わりとして飾られました。後の立雛=ひな人形によく似ているところは見落とし出来ません。

「ひいな遊び」は、雛祭りのもう一つのルーツ

雛祭り
平安朝の頃、節句には、野に出て薬草を摘み、その薬草で薬湯を作り、入浴したり、薬酒を作って飲み、身のけがれを清める風習が盛んに行われていました。 桃の節句には、紙で作った形代(かたしろ)で体を撫で、自分の身の災厄を形代に移して、川に流しました。これが流し雛の原型となったと言われています。 やがてこの形代の紙人形を遊びに使うようになります。宮中や貴族の幼い姫はもちろん、成人した女性の間でも「ひいな遊び」という紙で作られた人形遊びが盛んでした。 源氏絵巻などに見られる十二単などをまとった宮中女性の雅な遊びのひとつだったようです。「ひいな」とはちいさくてかわいいと言う意味です。少しずつ調度品(ひな具)も加えられました。
室町時代から子供の無病息災を願うための飾りとなり、江戸時代中期には今に見る十五人飾りの形ができたとされています。 原型がお祓いの形代だけに女性一人に一組のおひなさまを飾るようになりました。

雛人形の飾り方・祝い方

雛人形の飾り方
雛人形を手際よく上手に飾るには、飾り方の説明パンフレットを見ながら飾るのが一番。それでも分からない場合は、当店へお電話ください。
おひなさまは前述のように厄除けとしての身代わりですから、ご親族が心を込めて飾るものです。
昔は一家中の女性だけがその雛に触れることを許されたそうです。「子育ては女性の仕事だから」という意味だったのでしょうか。
若夫婦が別に生活している場合でも、飾るのは祖父祖母の住む家の座敷というのが基本です。
「三代飾り」のいい習わしがあるように、ご存命の方のおひなさまは、おばさまからお母様も含めて、すべて飾ります。
故人のおひなさまや壊れたものは、各地の人形供養に出すのがよいでしょう。

雛人形の雛暦

3月2日:良い雛 友人などを招いて、仲間うちの気楽なパーティーを
3月3日:本祭り お仲人、ご両親、ご親戚、上司の方々を招いて、正式なお祝いの宴を
3月4日:残り雛 雛をしまうのが心残りということで、子供期をお嫁さんに生き残るの意味ではありません。ご家族だけでお雛様と1年のお別れの宴を…。

端午の節句のルーツ


端午の節句の起こりは、古代中国に由来します。 唐の時代、端午の端は「はじ」という意味午はうまのことで、五月の最初の午の日という意味ですが、やがて午と五が通じることから重五の日として五月五日が端午の節句となりました。

中国ではこの日は大切な厄払いの日で、薬草を摘み、菖蒲酒を飲んで厄を払いました。 この五節句の風習が奈良平安時代に日本に持ち込まれ、日本でも盛んに五節句の厄払いが行われるようになりました。

貴族達は、野に出て薬草を摘み、菖蒲酒を飲み、その薬草を臣下に配ったりして、厄払いをしました。 やがてこの風習は、武家の時代になると「菖蒲」と「尚武/武を尊ぶこと」が通じることから、武家の社会にあっという間に拡がっていきます。

武士の家では、門前に槍や、兜・幟旗(のぼりばた)をならべ、厄払いをおこないました。 さらに江戸時代になると、幕府が端午の節句を重要な日として決めたことから、庶民の間にも、端午の節句の風習が急速に拡がっていきました。

鎧兜・五月人形の由来

江戸も元禄の頃になると武士は、鎧兜・幟旗だけではなく、有名な人物を模した武者人形などを飾りだします。 さらに庶民も豊かになり、最初の頃は厚紙などで鎧兜をつくって飾っていたのを実際の人形などを飾り始めます。

ですが、幟旗は武士のものだったので庶民にはあげられず、代わりに鯉のぼりをあげるようになります。 そして鯉のぼりは、豊かな庶民が武士に対抗して堂々とあげられる幟として、大変な人気となっていきました。

端午の節句は、邪気や災厄を祓う重要な厄払いであり、この日に鎧兜は体を守るものの象徴として考えられていたからです。

現在は赤ちゃんを事故や病気・災厄から守るためのお守りとして、願いを込めて飾っているわけです。

鎧兜・五月人形の飾り方、祝い方

五月人形の飾り方
五月人形は前述のように厄よけとしてのお守りですから、ご親族が心を込めて飾るものです。

若夫婦が別に生活している場合でも、飾るのは祖父祖母の住む家の座敷というのが基本です。「三代飾り」のいい習わしがあるように、ご存命の方の鎧兜・五月人形はおじいさまからお父様のも含めて、すべて飾ります。 家伝来の鎧兜がある場合は、それも一緒に飾ると良いでしょう。

弓太刀の意味

弓太刀
弓と太刀は戦いの道具と思われがちですが、五月飾りの場合、ちょっと意味合いがちがいます。

古代より、魔は弓の弦の音を嫌うとして、平安時代には魔除けとして鳴弦が行われました。 源氏物語にも、葵の上に取り憑かれていた六篠院を祓おうと弓の弦が夜通し鳴らされるというお話しが登場します。 また魔を祓うために「破魔矢」が、同時に天空に向けて射られていました。

太刀は敬宮愛子様に納められた「守り刀」でも知られたように、魔は光り物を嫌うので太刀の刀の輝きもまた、魔除けとなるものです。

鯉のぼりの由来

こいのぼり
弓と太刀は戦いの道具と思われがちですが、五月飾りの場合、ちょっと意味合いがちがいます。

鯉のぼりは、鎧兜と少し意味合いが違います。鯉のぼりの由来は、中国の「登竜門」という故事に基づいています。

古代中国の霊山に「登竜門」という滝があり、そこを登りきった鯉は、龍になって天に昇ると信じられていました。 急流の滝を登る鯉のたくましい生命力あふれる姿を見た人々がこの故事に習い、男の子がたくましく育ち、難関にぶつかってもそれを乗り越えて、 やがて龍のように出世してくれるようにと願って、鯉のぼりを揚げるようになったと言われています。

また鯉のぼりや幟旗は、天の神様に向かって「ここに男の子が生まれました。どうぞお守りください。」とお願いする際の目印になる依代(よりしろ)になるという説もあります。

資料請求はこちら